「Bandicam」の設定と使い方

Bandicamの設定

ソフトを起動すると右の画面が立ち上がります。

 

ゲーム動画を撮影する場合、設定を変更するところは右の画像の「ビデオ」タブのところになります。

 

  • ショートカットキー
  •  

    どのキーで撮影を開始し、止めるかを決めます。

     

    デフォルトでは「F12」ボタンが割り当てられています。通常変更する必要はありませんが、すでに「F12」ボタンに何か機能が割り当てられているゲームタイトルの場合は他のキーに変更しましょう。

     

  • 音声なし
  •  

    動画を撮影する時に音声も一緒に収録するかどうかを決めることが出来ます。スカイプなどで会話しながら収録する場合はチェックを入れるといいでしょう。

     

  • カーソル非表示
  •  

    チェックを入れた時と、入れない時でどこが非表示になるか気付きませんでしたので、デフォルトのままでいいと思います。


動画の設定

次にフォーマットの設定について説明します。

 

「YouTube」、「ニコニコ動画」、「zoom」などにアップロードする目的で動画を撮影する場合は上図右下にある『プリセット』を押すと、適したフォーマットに自動的に変更してくれます。

 

  • サイズ
  •  

    動画のサイズを決めます。小さくしたからといって撮影される画面の範囲が狭くなったりはしませ。

     

  • フレームレート
  •  

    ある時間内にどれだけ画面を更新するか。「ペラペラ漫画」を想像していただければ解りやすいと思います。数値が高ければ高いほど画面は滑らかになりますが、PCへの負担は高くなります。

     

  • コーデック
  •  

    どのコーデックを使用するかを決めます。

     

  • 画質
  •  

    画面の奇麗さを設定します。数値が高ければ高いほど奇麗な映像になります。

     

     

  • チャンネル
  •  

    ステレオかモノラルかを選択することが出来ます。

     

  • サンプルレート
  •  

    1秒間に収得するデータの数。高ければ高いほど、オリジナル音源に近くなります。ちなみに音楽CDなどは44.1kHzとなっています。

     

  • ビットレート
  •  

    1回あたりのデータの収得量。高ければ高いほど音質はよくなりますが、ファイルサイズも大きくなります。



「Bandicam」の設定